基礎化粧品とは

基礎化粧品とは、名前は良く聞きますが実際は、どれが基礎化粧品で、どれが基礎化粧品じゃないかわからないですよね。
そこで、しっかり基礎化粧品のことを学んでください。
基礎化粧品と呼ばれるジャンルは、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームの5つがメインになります。
ここから、クレンジング、ジェル、マスク・パック「、さらにはサンスクリーン剤も含まれる場合があります。
エイジングケアのナールスゲン配合のナールスピュアは、化粧水だと思われます。
このように基礎化粧品には、色々な種類があります。
洗顔料とクレンジングは、一緒じゃないのと思う方もいますが、洗顔料は、化粧を落とす為じゃなく化粧を落とした時に顔を洗うモノです。
クレンジングは、化粧を落とす為に使うものです。
この二つは似てるようで似てないので覚えておいてください。
化粧水は、洗顔・クレンジング後に保湿潤いの為に使う物になります。
乳液や美容液、クリーム、ジェルなどは、化粧水以外で補えない成分などを補給する為に使います。
主にここで美容成分をしっかり肌に補給してください。
このように洗顔クレンジング→化粧水→その他という順番が、肌・皮膚を健やかに保ち肌・皮膚自体を整える為の基礎化粧品になります。
基礎化粧品の他にメーキャップ化粧品と呼ばれる物があり、肌荒れ、しわ、しみを対策するものになり、見せたくない部分を隠したり、肌に色や立体感を与えて一時的に美しくする為に使用します。
女性が化けるのは、こちらのメーキャップ化粧品になります。
基礎化粧品とメーキャップ化粧品の違いを覚えておきましょう。

基礎化粧品とナールスピュア

基礎化粧品で、現在管理人的オススメは、ナールスゲン配合のナールスピュアです。 ナールスピュアは、全てのスキンケアの一番最初に使うローションになります。 今話題のエイジングケア成分ナールスゲンが、たっぷり配合されており、これを使っておくだけで、肌がいままでとはまったく変化すると管理人も既に体験しております。 こちらが、ナールスピュアの参考動画です。


ちなみにナールスゲンとは、肌に必要な成分を3つをサポートしてくれる美容成分です。 コラーゲン、HSP47、エラスチンです。 肌細胞は、基本コラーゲンで、出来ておりますが、年齢を重ねるごとに体の中でコラーゲンが作られなくなっていきます。 だから、肌は、若い頃のようにみずみずしい力を失いカサカサになってしまうのです。 しかし、年齢を重ねてもコラーゲンを作る量が減らなければ、カサカサ肌にはならず若い肌をキープすることができるのです。 そして、このコラーゲンを作るには、エラスチンとHSP47が必須です。 ナールスゲンは、主にエラスチンとHSP47が年齢と共に力を失っているところに改めて働けるようにサポートしれくれるのです。 それにより、エラスチンとHSP47が再度活動を行い、コラーゲンを作る働きが復活します。 年齢と共に減っていくコラーゲンがナールスゲンのおかげで、減らないで作り続けられていくので、エイジングケアに最適な美容成分と言われているのです。 減ったコラーゲンを無理やり外部から摂取して増やすのは、生コラーゲン美容ですが、ナールスゲン美容は、体の中から、改めてコラーゲンを作りだす美容方法になります。 効果的には、管理人が試した結果ナールスゲンのほうが、今のところ効果が高いと思います。 その他、ナールスゲンの効果は、研究によって発表されているところ コラーゲン・エラスチンを増加することで、皮膚のハリ、弾力性の向上、シワの予防は、発表されております。 こちらは、管理人も体験している効果です。 紫外線による活性酸素を抑える効果も現在は、研究によってわかってきております。 めちゃくちゃ高いわけではありませんが、こちらを組み合わせた日焼け止めとかあれば、今後効果は高そうだなぁと思います。 エイジングケアをしながら、日焼け対策とか女性にとっては最高の商品ですね。 皮膚細胞の回復もナールスゲンを使用しておくと回復力が高いと発表もされています。 まだまだ、ナールスゲン自体知名度が、フラーレンやレチノールなどに比べて低いですが、今後ナールスゲンが広まることで、効果があるサンプルも増えていくことでしょうその時になって、ナールスゲンはやっぱり凄かったと認知されるはずです。 現在でも大阪・京都の企業を中心にナールスゲン配合化粧品はこつこつ増えてきています。 なぜ、関西、それも大阪と京都が中心かと言いますとナールスゲン自体が、京都大学と大阪市立大学の共同研究を開発された成分だからです。 だからこそこの新成分を使った化粧品が大阪や京都のメーカーから販売されているのです。 地元の強みというやつでしょう。 ナールスゲンを調べていると繊維芽細胞という言葉がよく出てきます。 なんとなく繊維芽細胞というは、イメージできるかもしれませんが、実際繊維芽細胞とはどんなものかを分かっていることで、ナールスゲンの働きを改めて凄いとわかるはずです。 繊維芽細胞とは、せんいがさいぼうと読みます。 肌細胞の結合組織を構成する細胞の1つになります。 この細胞の働きは、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の真皮成分を作り出してくれます。 この時点で、肌に必須な細胞だということがわかります。 ちなみに肌は、表面から表皮、真皮、皮下組織という作りで、構成されているのは知っていますよね。 表皮は、皮膚の一番外側です。目に見える部分です。 役割は、外的刺激から肌を守ることです。 真被は、皮膚の本体ともいえる部分になります。 肌の弾力は、この真被にかかっており、こちらが不足する弾力がなくなって老化肌に繋がります。 真皮はコラーゲンやエラスチンなどでが線維網状構造で、形成しているのです。 網状の間には、ヒアルロン酸高分子系保水成分が水分をたっぷり含んでみずみずしい肌を作ってくれます。 そして、真皮成分を生み出しているのが線維芽細胞になるのです。 線維芽細胞は、ここで出てきましたね! 最後に皮膚組織です。 皮膚組織は、脂肪細胞になっており、体温を維持し、外に逃がせないようにする断熱材としての役割などがあります。 このことから、一番重要なのは、真被で、それを作る線維芽細胞が肌を健康に保つ重要なポイントだということがわかったと思います。 そして、ナールスゲンが線維芽細胞に効果がある、それだけを改めてわかって頂ければ、ナールスゲンの放蕩の効果を理解していただけたと思います。

ブースター美容液は基礎化粧品?

今話題のブースター美容液ですが、こちらは基礎化粧品になるのでしょうか。 ブースター美容液自体は、基礎化粧品とは違う感じです。 こちらは、基礎化粧品の吸収・浸透をよくするサポート化粧品です。 しかし、最近では、基礎化粧品のサポートどころか、基礎化粧品の効果効能までプラスしたブースター美容液やブースタークリームも販売されています。 オールインワンタイプなどになりますが、これらが増えてくるとブースター美容液も基礎化粧品のくくりにはいる日が近いと思います。 ブースター美容液の主な効果ですが、よく言われているのが、角質層の奥の奥まで浸透し、固くなった肌をやわらかくすることで、その後のスキンケアの浸透力をあげるという役割ですね。 ちなみに化粧品が浸透できるのは肌の角層までです。 こちらまで浸透しやすくするのがブースター美容液です。 角層が、スポンジのように水分・美容液などを吸収しますが、まぁ水分量吸収量には限界があり、ブースター美容液で吸収+他の美容液などを吸収などすると水分量が限界を超えて意味がないのではと思うかが多いことです。普通に考えてば、そうなりますが、ブースター美容液を必要とする層は、30代を超えた肌が何かしら老化にはいっている層になり、ぶっちゃけ健康的な肌ではないのです。 この層の肌は、普通にしていたら、角層に美容液成分を届くかと言われれば、届きません。 肌がかたまってきており、奥の奥まで浸透しなくなっているのです。 だからこそブースター美容液を使う事で、浸透しやすくなるのです。 ブースター美容液が、年齢を重ねた方がたに必要な理由は、このようなことになっております。 ブースター美容液の効果が低い層は、若い方です。 この層は、肌にトラブルをもっていません。 元から肌の奥まで美容液が浸透するので、ブースター美容液は必要なく逆に使ってしまうと角層がの吸収許容量をオーバーしてしまうのです。 結論から言いますとブースター美容液は、年齢を重ねている方に効果があり、若い方には効果が薄いということです。

オススメ基礎化粧品・ブースター美容液

まずは、管理人のオススメ基礎化粧品は、ナールスゲン配合のナールスピュアです。 これは先ほども説明しているので、詳細はいらないでしょう。 しかし、このナールスピュアが、販売している会社からは、ナールスネオ、ナールスユニバという商品も販売されており、ナールスピュア→ナールスネオ→ナールスユニバの順番で、基礎化粧が完了してしまうという優れ物なのです。 ナールスネオは、美容液になります。 こちらもナールスゲンが、たっぷり配合された美容液になっており、エイジングケア美容液と呼んで良いでしょう。 主に目元や口元に大きな効果を発揮し、ほうれい線やゴルゴ線、マリオネットラインで困っている方は、ナールスネオをピンポイントで使い続けましょう。 そうするだけで、1カ月もすれば、かなりこれらの肌トラブルは、解決に向かっているはずです。 2か月も続ければ、たぶんほうれい線は消えます。 これは管理人の実体験です。 ナールスゲンたっぷりのナールスネオには、その他肌、エイジングケアに効果がある美容成分が配合されているのです。 ネオダーミル、プロテオグリカン、ダエダリンA 、アミノ酸です。 これらが、肌サポートを徹底的に行ってくれてるのです。 あまり聞いたことがない美容成分かもしれませんが、 ネオダーミルは、Ⅰ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン、エラスチンを強力にサポートしてくれます。 これらは、肌のハリ・弾力の源である因子に直結しております。 プロテオグリカンは、ヒアルロン酸、コラーゲンの産生をサポートですね。 ダエダリンAは、ビタミンE以上の抗酸化作用で、健やかでツヤのあるお肌作りをサポートしてくれるのです。 アミノ酸は、8種配合されており、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、トレオニンになります。 潤いある健やかなお肌作りをサポートしてくれます。 これらの成分をみるだけでも全て年齢を重ねた肌に効果があるのはわかりますよね。 ナールスピュア→ナールスネオの効果は、理解していただいと思いますので、ナールスユニバへいきましょう。 こちらは、ナールスゲンたっぷり配合の高機能クリームになります。 基礎化粧品の役割をほとんどこちらで対応できるのです。 だからこそナールスピュア→ナールスネオ→ナールスユニバの順番で、基礎スキンケアが完了するのです。 それも全てナールスゲンたっぷりなので、肌が若返ること間違いなしなのでは、普通に考えて理解できますよね。 ナールスユニバは、持続型ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体たっぷり配合されています。 これはら、コラーゲンをサポートしてくれます。 ビタミンC、ビタミンA誘導体は、ナールスゲンとの相乗効果がめちゃくちゃ高くなっております。 これにより、肌のハリ・ツヤ・弾力が復活すること間違いなしでしょう。 ヒト型セラミド配合もされております。 セラミド2、セラミドNP、セラミドAPと3種のセラミド肌の保湿保水バリア機能をサポートしてくれます。 クリームをメインとした基礎化粧品の役割をここで大きく発揮してくれます。 これらの成分は、通常より3.5倍の効果があり肌をしっかり守ってくれます。 ナールスゲン以外にもこのように美容成分があることから、クリームで高い効果を発揮いたします。

PR

ナールスゲン

ナールスゲンで、エイジングケアをしよう

ブースター美容液

ブースター美容液で、美しくなろう

更新履歴

2016.2.18 サイト更新

2016.1.9 サイト更新

2015.11.1 サイト更新

2015.4.2 サイト更新

2014.10.7 サイト更新

2014.7.1 サイト開設